めんのシマダヤ味なウェブ
HOME参加する・楽しむめん雑学事典めんの豆知識冷凍めんのおいしさのひみつ

冷凍めんのおいしさのひみつ めんの豆知識トップへ戻る


めんのおいしさを、そのまま急速冷凍!

冷凍めん
冷凍めんとは、めんを急速凍結させたもので、解凍するだけ手軽においしいめん料理が食べられます。
温度変化にかなりデリケートな食品なので、一度解凍してしまったら再び冷凍しても元のおいしさを取り戻すことはできません。マイナス18℃以下で常に保管するのが理想。家庭では、冷凍庫に保存する必要があります。保存するための添加物を必要とせず、長期間の保存が可能な安心して食べられる食品です。

冷凍めんの仲間は、3種類

■冷凍めんの代表選手「冷凍ゆでめん」
めんがもっともおいしい状態は、ゆで上がりの直後。この最良の状態で急速凍結させたのが冷凍ゆでめんです。手間がいらず、解凍するだけでいつでも釜揚げの状態に戻ります。現在販売されている冷凍めんのほとんどがこのタイプです。
●解凍時間の目安●  (熱湯解凍の場合)
うどん 約30秒〜60秒
そば 約20秒〜30秒
ラーメン 約20秒〜30秒
スパゲティ 約20秒

■生めんの風味を、そのまま再現!「冷凍生めん」
ゆでる前のめん(生めん)を急速凍結させためんです。 めんの種類に応じて最も好ましい生めん状態を保ち、生めんならではの風味を生かしています。
●解凍時間の目安●  (沸騰湯にて)
うどん、そば、ラーメン 約1分〜1分30秒

■そのまま食べられて、便利!「冷凍調理済めん」
ゆでたてのめんを完全調理(スープ、具材セット)した直後に袋に入れ急速凍結させためんです。
袋のまま解凍したらすぐに食べられ、1品メニューにはもちろん、付けあわせなど幅広い用途に使用できます。
●解凍時間の目安●  (熱湯解凍の場合)
個食タイプ 約8分
1kgタイプ 約14分〜16分
※解凍時間は全て当社製品の場合です。

冷凍めんのおいしい食べ方

冷凍めんをおいしく食べるポイントはごくシンプル。まず、箱や袋に表示された調理方法をしっかり守る。ゆで時間や電子レンジの調理時間は、商品によって異なるのでこの表示に従うのが原則です。自然解凍はもちろん禁物。 お湯で解凍する場合は出来るだけたっぷりの熱湯で短期間に調理するのがおいしく食べるコツ。

商品ラインナップ「冷凍めん(業務用)」へ

めんの豆知識トップへ戻る

シマダヤ トップページ

探す・選ぶ
新商品・季節限定発売商品情報
家庭用チルド商品カタログ
家庭用冷凍商品カタログ
業務用商品カタログ
作る・食べる
今月のお奨めレシピ
めんの種類別レシピ
テーマに合わせたお奨めレシピ
ベジ麺レシピ
「流水麺」メニュー百選
参加する・楽しむ
シマダヤ公式
ファンサイト
めんの雑学事典
CM・動画
ライブラリー
会社情報・採用情報
社長挨拶
経営コンセプト・7つのビジョン
シマダヤグループ行動規範
シマダヤ行動計画
会社概要・地図
事業内容
事業所一覧
社史
採用情報
経営情報
安全・安心/社会・環境への取り組み
安全・安心への取り組み
社会への取り組み
環境への取り組み
社会・環境報告書
製造所固有記号
お客様相談窓口
よくお寄せいただくご質問
商品・販売店に関するお問い合わせ
商品・販売店に関するお問い合わせなどお客様相談窓口はこちら