めんのシマダヤ味なウェブ
HOME参加する・楽しむめん雑学事典めんの豆知識小麦粉のひみつ

小麦粉のひみつ めんの豆知識トップへ戻る


小麦粉の歴史

古代、小麦は雑草だった!?

小麦粉の歴史は、紀元前7000年頃の西アジアに始まります。
狩猟生活をしていた大昔の人達は、安定した食物確保の手段として雑草でおなかを満たす知恵(のちの農耕文明)を見つけました。この雑草が小麦の一種だったようです。その食べ方も次第に進化していき、石片で小麦の粒をすりつぶし、粗く粉にしたものに水を加え、焼いて食べたといわれています。これがパンの始まりというわけです。
小麦は、紀元前2000年にインド、中国に渡り、日本へは4〜5世紀に伝来したとされています。弥生時代の遺跡からは、小麦や大麦が栽培され、食べられていたことが確認されています。

小麦粉の種類

あれも、これも、小麦粉です。

小麦粉は、タンパク質の含有量により<強力粉><準強力粉><中力粉><薄力粉>に分類されます。
このように同じ小麦粉でも、種類の違う小麦粉を使えば、様々なめんなどに生まれ変わるのです。
種類 タンパク質含有量 主な用途
強力粉 12.0%以上 そばのつなぎ粉、パン
準強力粉 11.0〜12.0%程度 ラーメン、焼そば
中力粉 8.0〜10.0程度 うどん
薄力粉 7.0%程度 天ぷら、お菓子
その他、マカロニ、スパゲティ専用粉でデュラム小麦があります。

おいしいうどんは、とても科学的!

小麦粉からおいしいうどんへ

■うどんの原料は・・・
小麦粉と水の超シンプルな組み合わせです。

■小麦粉の構成は・・・
デンプンとタンパク(グルテン)です。

■おいしいうどんの誕生 そのポイントは・・・
→1.小麦粉に水を加える(水回し)
  グルテンは粘りを出し、デンプンは水に溶けずに粒子となります。
→2.よくこねる(めんの組織形成)
  グルテンは、細かい網目構造を形成してデンプン粒を包み込みます。
→3.ゆでる(デンプンのα化)
  熱を加えるとデンプンは、水を吸収して膨らみます。(α化現象)
  茹であげたうどんがもっちりとしているのは、膨らんだデンプンを噛んだときの食感です。

小麦粉のこばなし

「うどん粉」と「メリケン粉」、どう違うの?

昔、日本で採れた小麦粉から挽いた粉は、うどんやそうめんに加工されていたので、「うどん粉」と呼ばれていました。 明治時代になると、パンの原料としてアメリカの小麦が輸入されるようになり、「アメリカ製の小麦粉」を意味する「メリケン粉」と呼び、区別されるようになりました。

めんの豆知識トップへ戻る

シマダヤ トップページ

探す・選ぶ
新商品・季節限定発売商品情報
家庭用チルド商品カタログ
家庭用冷凍商品カタログ
業務用商品カタログ
作る・食べる
今月のお奨めレシピ
めんの種類別レシピ
テーマに合わせたお奨めレシピ
ベジ麺レシピ
「流水麺」メニュー百選
参加する・楽しむ
シマダヤ公式
ファンサイト
めんの雑学事典
CM・動画
ライブラリー
会社情報・採用情報
社長挨拶
経営コンセプト・7つのビジョン
シマダヤグループ行動規範
シマダヤ行動計画
会社概要・地図
事業内容
事業所一覧
社史
採用情報
経営情報
安全・安心/社会・環境への取り組み
安全・安心への取り組み
環境への取り組み
社会・環境報告書
お客様相談窓口
よくお寄せいただくご質問
商品・販売店に関するお問い合わせ
商品・販売店に関するお問い合わせなどお客様相談窓口はこちら